Pioneer DJ、Dave Smith Instrumentsと共同で開発したモノフォニック・アナログ・シンセサイザー「TORAIZ AS-1」を発表

Pioneer DJ - TORAIZ AS-1
Pioneer DJ – TORAIZ AS-1

Pioneer DJが、Dave Smith Instrumentsと共同で開発したモノフォニック・アナログ・シンセサイザー「TORAIZ AS-1」を発表した。

DJ機器のノウハウを持つ「Pioneer DJ」と、シンセサイザーの名機を古くから産み出している「Dave Smith Instruments」のタッグで開発された、「TORAIZ AS-1」は、プロフェッショナル・サンプラー「TORAIZ SP-16」に続く「TORAIZ」シリーズ第2弾となる。

伝説的なポリフォニック・アナログ・シンセサイザー「 Prophet-5」 の設計思想を受け継ぐ「 Prophet-6 」直系のトゥルー・アナログサウンドとデュアル・エフェクト・エンジンを採用、音色が劇的に変化するパラメーターノブでのダイナミックな音作りと、タッチパッド式の KEYBOARD と SLIDER で直感的に演奏が可能だ。

また、アルペジエーター、64stepシーケンサーを搭載。MIDI経由で「TORAIZ SP-16」と組み合わせることで、さらに複雑なパターンを作成することができる。

 

Pioneer DJ - TORAIZ AS-1
Pioneer DJ – TORAIZ AS-1

 

Pioneer DJは、DJ機器だけじゃなく、エレクトロニック・ダンスミュージック・プロデューサー向けの機器の開発にも力を入れてきていますね。今後も注目していきたいです。

 

詳細はPioneer DJ Officialsiteへ

Pioneer DJ Officialsite
https://www.pioneerdj.com/ja-jp/product/production/toraiz-as-1/black/overview/