「KRFT」 – モジュールを自由に配置するグラフィカルな新感覚のiPhone音楽制作アプリ

KRFT
KRFT

Junglator、NOIZといったダンスミュージックアプリを開発している「Studio Amplify」から、新感覚のiPhone音楽制作アプリ「KRFT」がリリースされました。

追記:バージョン1.1でiPad対応になりました。

「KRFT」は、Surface(画面上)に、Loop、Fill、Dial、Morph、Sfx、Groupの6つのモジュールを自由に配置して、グラフィカルなインターフェースで音楽演奏をすることができる音楽制作アプリです。

「Studio Amplify」の、人気のアプリ「NOIZ」を進化させたアプリです。

NOIZと基本的には似た部分が多いです。NOIZのメイクソングビデオをチェックしてみてください。

かなり個性的なアプリのため、安価なNOIZをプレイしてからKRFTの購入を考えても良いかもしれません。

KRFT
KRFT

最初は4つのDemoをプレイしたりエディットしてモジュールを理解しましょう。

KRFT
KRFT

慣れてきたら自分のSurfaceを作ってみましょう。6つのモジュールを自由に配置できます。例えばスクリーンショットの様に顔の形に。

KRFT
KRFT

キーボードでリアルタイムにループをレコーディングすることができます。

KRFT
KRFT

ステップシーケンサーで打ち込んだり、修正も可能です。

KRFT
KRFT

エレクトロ、テクノなどに対応できそうな、50のベースプリセット、 50リードプリセット、 14のドラムキット、50以上のサウンドエフェクトを搭載しています。

KRFT
KRFT

チューニング、スケール、テンポなど細かい調整もできるので、1から音楽を作りたい上級者の方も楽しめるアプリかと思います。

DEMOで遊ぶには問題ないですが、初心者には少々難しいアプリかもしれません。

普段のDAWソフトでの制作に行き詰まってしまった人、気分転換してみたい人、エレクトロニックミュージック、ダンスミュージック好きな人、DJの人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

Studio Amplify
http://studioamplify.com/