iOS DAWの可能性を示した「Intua」が「BeatMaker 3」をアナウンス!

BeatMaker3 - Pad& Effects
BeatMaker3 – Pad& Effects

2008年、iPhone3Gの発売と共にリリースされた、Intua社のiPhone音楽制作アプリ「BeatMaker」。iOS DAWの可能性を示した草分け的アプリだ。

その後、2011年にはBeatMaker2をリリース。ワークステーションアプリとして進化を遂げ、根強い人気のアプリとなった。

そして2017年、6年ぶりのメジャーアップデートとなる「BeatMaker 3」がアナウンスされた。

BeatMaker3 - Wheels
BeatMaker3 – Wheels

BeatMaker 3の大きなアップデートの一つは、UIの変化だろう。公開されたスクリーンショットを見る限りでは、古さのあったBeatMaker 2から、シンプルなフラットデザインとカラーリングが印象的なiPadに最適化されたデザインになっている。

BeatMaker3 - 64 pads mode&macros
BeatMaker3 – 64 pads mode&macros

機能面では、Audio Units V3、IAA(Inter-App Audio)などiOSのニューテクノロジーに対応、MIDI機器との連携も大きくアップデートされている。また、64Padモード、複数のパラメーターを一度に制御可能なマクロ機能が追加された。

BeatMaker3 - Fullscreen Keyboard
BeatMaker3 – Fullscreen Keyboard

現在はiPadのスクリーンショットしか公開されていないが、iPhone、iPod touchにも対応するとアナウンスされている。

発売はQ2、Comming Soonとの事なので、4月頃になると予想している。

BeatMaker3 - Veolcity Triggers
BeatMaker3 – Veolcity Triggers

Garage Band、Cubasis、FL Studio Mobileなど次々に台頭するiOS DAWのパイオニアとして、BeatMaker 3がどんな進化を遂げてリリースされるのか期待したい。

詳細なスペックはIntuaサイトで確認できます。

Intua
http://intua.net