IK Multimedia、アコースティック・ギター専用 先進デジタル・マイク・システム「iRig Acoustic Stage」をリリース

iRig Acoustic Stage
iRig Acoustic Stage

iRigシリーズでお馴染みの「IK Multimedia」が、アコースティック・ギター専用 先進のデジタル・マイク・システム「iRig Acoustic Stage」をリリースした。

「iRig Acoustic Stage」は、アコースティック・ギターやウクレレのサウンド・ホールに取り付ける、ギターピックの形をした、コンパクトなクリップ型「MEMSマイクロフォン」と、ベルトやギターストラップに付けることができる「プリアンプDSPユニット」の組み合わせによる、先進のデジタル・マイク・システム。

通常、アコースティック・ギターの音をアンプやミキサーなどPAに送る場合、ピエゾ/マグネティックピックアップを使うか、マイクロフォンを立てるかの、2つの方法があるが、ピックアップの場合、音がこもったり、バラツキがあったり、取り付けが難しいという様な問題がある。マイクロフォンの場合は、自然で綺麗に音を集音することができるが、ステージ上で動くことがでなかった。

その問題を解決するために作られたのが「iRig Acoustic Stage」。

iRig Acoustic Stage
iRig Acoustic Stage

「プリアンプDSPユニット」には、32-bit A/Dコンバータが内蔵、DSP機能によりサウンドは最適化、スチール弦とナイロン弦のそれぞれに、NATURAL、WARM、BRIGHTの3種類、計6種類のサウンド・プリセットが選択可能だ。

マイクロフォンなので、ハウリングは大丈夫なの?と、心配するところだが、フィードバック防止機能(CANCEL FEEDBACKボタン)が付いている。さらに、ピックアップ用のAUX端子が付いており、大音量のライブ・ステージでも、「MEMSマイクロフォン」と AUXピックアップの音をミックスし、バランスを取ることで対応が可能とのことだ。

その他主な仕様は以下(IK Multimedia Officialsiteより)

  • ギターのサウンド・ホールに取り付け可能なクリップ式MEMSマイクロフォン。
  • DSP機能を搭載したプリアンプ・ユニット。
  • ライブ・ステージでのアコースティック・ギター・サウンドを劇的に改善。
  • ピエゾ / マグネティックなどオンボード・ピックと接続可能な1/4インチAUX入力端子。
  • ボリューム調節が可能な1/4インチ・オーディオ出力端子。
  • USBオーディオ出力端子を装備しコンピュータやモバイル機器での録音が可能。
  • フィードバック防止機能(Cancel Feedbackボタン)を装備 。
  • 6種類のサウンド・プリセット。
  • カスタム・キャリブレーション機能に対応。
  • 最大4mm厚まで対応したクリップでアコースティック、エレキトリック・アコースティック、ウクレレなどにマイクを取り付け可能。
  • 位相切替スイッチを装備し、2つのソースからの入力時のサウンドを最適化。

税抜市場想定価格13,500円前後。国内発売予定は、2017年1月下旬–2月初旬とアナウンスされている。

詳細はIK Multimedia Officialsiteへ。レコーディングされた音も確認できる。
http://www.ikmultimedia.com/products/irigacousticstage/

IK Multimediaは、アンプシミュレーター、マルチエフェクターアプリ「AmpliTube」のアコースティックギター専用バージョンもリリースしている。アコースティック・ギターのプレイヤーは要チェック!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA